中古ワンルーム~築年数


●首都圏の平均築年数は年々長くなりつつある。
中古ワンルーム購入においては、建築後の経過年数をどうみるかも重要な要素です。とくに、一九九二年をピークとするバブル期までに分譲された物件か、その後のバブル崩壊期に分譲された物件か、ここ数年の再びブームになってきた時期に分譲された物件かによって、建物、設備、管理などが極端に違ってきますし、またそれは当然のことながら価格にも大きく反映されています。

そこで、首都圏の場合で中古ワンルームマンションの流通状況をみると、ここ数年、新築がブームになるなかで、中古の流通数は減少しています。

室内

これは、ファミリーマンションのように実需をメインとするマンションと異なり、投資家の数には限りがあるため、新築が売れれば、その分中古が売れなくなるという構造にあるようです。
そのため、どうしても現金が必要などの理由がない限り、いまは所有しておき、賃料収入を稼いでおくほうが無難と考える人が多いようです。
ただ、その背景には市場に出てくる中古物件の建築後の経過年数が年々長くなっていることも関係しているかもしれません。グラフを見れば分かるように、流通事例の建築年数の分布をみると、圧倒的にバブル期までの物件が多数派を占めています。
ここ数年のブーム期に分譲された物件は、まだまだ少数派です。つまり、築年数の長い物件は市場にそれなりに出回っていて、価格をそれなりに安いけれど、ここ数年のうちに分譲された最新のマンションはほとんど出回っていないという事実を念頭に入れておかなければならないわけです。


大阪市内での生活を考えている方,デザイナーズマンションをお探しの方いませんか?
オシャレな街として人気の新町エリアのデザイナーズマンション生活を,始めてみませんか?
良質なマンションや集合住宅が立ち並ぶ高層住宅地として再開発が進んでいる,人気エリアです。
大阪西区にある新町ですが,小学校の教室が不足するぐらい人口の急増が際立っているが,老年人口の比率が大阪区の中では最も低いです。
レトロな雰囲気で美味しい料理屋さんやオシャレなところもたくさんあるので,お仕事帰りや家族の休日としてもいいと思います。
なかなか良い物件に出会えない方という方は,ぜひ新町のデザイナーズマンションについて調べてみて下さい。

自然が豊富にあり,自然が多い生活環境でお子さんをのびのびと育てたいと検討でしたら,奈良県内で賃貸を探してみるのはいかがでしょうか?奈良市はどちらかというと田舎ですが田んぼがあり,池があり体を動かして遊んでいる子供たちが沢山います。確かに都会と比べると不便な所は沢山ありますが,ここでしか体験出来ない事もいっぱいあります。また市の中心部の方はスーパーやコンビニ,病院などある程度生活環境が整備されている為、生活をするのに不便だと思ったことはあまりありません。
京都や大阪方面へのアクセスもしやすい方なので,交通アクセス面も良いかと思います。やはり田舎なのでご近所さん同士や地域間の人などコミュニケーションを取ることが多く,ある意味気楽にのんびり過ごせています。市内には賃貸マンションやアパートが増えてきています。是非奈良県の賃貸情報を確認してみてはいかがでしょうか?