知っておきたい性能表示制度


●建設住宅評価書があればトラブルへのリスクヘッジになる。
品確法のもう一つの柱が、住宅性能表示制度です。これは性能保証制度が義務化されているのに対して、原則的に任意の制度ですが、最近はマンションでも差別化を図るために性能表示を行なう物件が増えてきました。性能表示制度というのは、建物の耐久性、耐震性からバリアフリーまでの九項目に関して、何段階かの性能に分けて、それぞれの物件がどのレベルになっているかを表示するというものです。

マンション

それも分譲業者が勝手に表示できるわけではなく、外部の第三者評価機関に評価を依頼して、その結果を表示する仕組みになっています。購入する人は、それを見て建物のレベルを評価できるので、多数の物件の比較検討が容易になります。
しかも、第三者が評価したものなので、その分信頼性も高くなるということができます。この性能表示には、設計段階の評価と建設段階の評価があります。
設計段階だけではなく、建設段階でも専門家の評価を受けて、「建設住宅性能評価書」がついている物件なら、いっそう安心感が高まります。
万一、その評価書通りの建物になっていない場合には、補修を求めることができますし、業者とのトラブルが発生したときには、各地の弁護士会などに設置された紛争処理機関に、一万円の費用で調停を依頼できるのです。業者とのトラブル解決には長い年月、高額の費用がかかるのがふつうですが、それが一万円で解決できるとすれば、メリットは計り知れません。

◆実物志向は日本人のDNAに刷り込まれている?
高名なファイナンシャル・プランナーに取材したときの話です。その人がいうには、利回りや安全性、流動性(売りやすさ、買いやすさ)をトータルに比較すると、ワンルームより不動産投資信託(J-REIT)のほうがいいに決まっている。

家模型

しかし、若い人からお年よりまで、J-REITより、ワンルームを欲しがるというのです。J-REITだと、自分がどの物件を持っているのか分かりませんが、ワンルームならはっきりこれを持っていると自覚できます。それが人気の最大の理由ではないかといいます。
あれほどバプルで痛い目に遇っているのに、日本人の不動産の実物志向は、まさにDNAに刷り込まれているといわざるを得ません。たしかにマンション投資にはさまざまなメリットがありますが、不動産の投資先はマンションだけではありません。ほかにもJ-REITや不動産小口化商品などもあります。そうした商品を含めてもう一度比較検討してみるのもいいのではないでしょうか。


奈良県の北西部にある生駒市という街をご存知でしょうか?
生駒市はベットタウンとして知られるエリアです。
なので生駒市に一戸建てを考える事をお勧めします。
バスや近畿日本鉄道が通っていてアクセス環境もいいです。
また商業が活発な地域で大型遊具もあり,遊園地や温水プールには家族ずれなど多くの方が利用されるのを見ます。
駅周辺には商店街やデパートがあり,必要なものが集中していてスーパーなども多いため買い物には困らないでしょう。また市内は駅や学校なども多く通勤通学にもよく,お子様連れにもいい環境となっています。
夏は涼しく,特に夜の夜景は美しくのどかな生活が送れると思います。
自然に囲まれているため,ゆったりとした雰囲気が感じられます。
生駒市では歳の近いお子さんのいる一戸建てに住む家族がたくさんいます。
生駒市の一戸建てを考え、どかな暮らしをはじめてみませんか?

英賀保エリアは,兵庫県の姫路市にあるエリアでJR西日本山陽本線の英賀保駅があります。駅の南側のロータリーが整備され,多くの路線バスが駅の入口で利用できるようになり,非常に利便性が高い街になったんです。バイパスも近くにあるので,お車をお持ちの方の利便性も高いと言えますよ。姫路駅も近くにあるので,世界遺産の姫路城にも気軽に行く事ができます。四季折々でいろんな顔を見せてくれる姫路城の情景を目の当たりにできるのは,このエリアならではでしょう。是非,兵庫で賃貸のお部屋を探している方は,英賀保エリアを調べてみて下さい。一戸建てやアパートなどさまざまな賃貸物件がありますので,希望のお部屋が見つかるでしょう。